2011年02月10日

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザが全国に広まっているのを受け、和歌山県は2日、
県内での発生を未然に防ごうと、養鶏業者らの施設で一斉点検を始めた。


18日までに県内の業者全戸を回り、衛生管理の徹底を呼び掛ける。


県によると、県内では109戸の業者がニワトリのほかアヒルやキジ、
ダチョウなど合わせて約200万羽を飼育している。


県の紀北家畜保健衛生所、紀南家畜保健衛生所、同所東牟婁支所の職員が
フード付きの防護服とマスク、長靴姿で施設を訪れた。


 ウイルスは、北方からの感染した渡り鳥から野鳥やネズミなどの野生動物、
昆虫、ふんを踏んだ靴などを通じて鶏舎に入ると考えられている。


そのため、飼育施設入り口での人、車の入場制限や消毒が徹底されているか、
野鳥の侵入を防ぐネットに破損やすき間がないか、
野生動物の侵入防止策がされているかなどについて点検、指導している。


もし不審な点があればすぐに通報することも確認している。


日本は今鳥インフルエンザで大騒ぎですが、インフルエンザウイルスは
鳥類に感染しますが、鳥インフルエンザウイルスは通常、人に感染することはありません。


とありました???


でも人体にも、よいとは思えませんけど・・・


いま普通のカゼ気味で偏頭痛がします。









Posted by マスク at 00:43│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。